埼玉県総合医局機構とは

これまで埼玉県では、県内への勤務医の誘導を図るため、研修医への研修資金の貸与や医学生への奨学金の貸与などを行ってきました。

これらの取組に加えて、新たな医師確保策を実施していくために埼玉県総合医局機構(埼玉県地域医療支援センター)を立ち上げることといたしました。

この埼玉県総合医局機構では、国の地域医療支援センターの制度も活用し、医師の診療科偏在や地域偏在の解消に取り組むコントロールタワーとして、従来の取組で確保した医師を医師の不足する病院に紹介することなどにより、医師の確保や県内全域の医療水準の向上を目指してまいります。

※ kobaton.med(コバトンドットメド)は、埼玉県総合医局機構の愛称です。


平成25年12月 埼玉県総合医局機構 創設
埼玉県総合医局機構の取組の中核(二本柱)
医師の確保・派遣
医師の支援

主な役割
医師不足状況の把握・分析
医師不足病院への支援
医師のキャリア形成支援
医師確保に関係する情報発信と、医師や医師を目指す方々からの相談への対応
地域医療関係機関との協力関係の構築

オール埼玉で一体的に医師確保対策に取り組みます
県医師会・県内医療機関・県立大学・大学病院・関係団体・県など

求職医師の方

求職情報の登録 求人情報の検索

医療機関の方

求人情報の登録 求職情報の検索

女性医師の方

埼玉県女性医師支援センター
埼玉県総合医局機構 地域医療教育センターについて
埼玉県総合医局機構 地域医療教育センター 施設利用状況確認はこちら