医学生の方へ

医学生の方向けの資金貸与制度について

◯埼玉県医師育成奨学金 貸与制度

埼玉県医師育成奨学金制度は、「将来医師として埼玉県の地域医療に貢献したい」と考えている埼玉県出身の県外大学医学生に、埼玉県が奨学金を貸与する制度です。
この奨学金の貸与を受けた医学生が、医師国家試験に合格し、貸与期間の1.5倍の期間、特定地域の公的医療機関又は特定診療科等に医師として勤務すれば奨学金の返還を免除します。

※特定地域(29市町村)

熊谷市、行田市、秩父市、加須市、本庄市、東松山市、羽生市、深谷市、久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、ときがわ町、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村、美里町、神川町、上里町、寄居町、宮代町、杉戸町

※公的医療機関

都道府県、市町村又は医療法第31条の厚生労働大臣が定める開設者が開設する病院又は診療所

※特定診療科等

埼玉県内の病院の産科、小児科、救命救急センター

申請資格 次の1から4までの条件を全て満たす者
  1. 次のいずれかに該当する者
    (1)貸与の申請の時に本人又は親(未成年後見人である親族を含む。以下同じ。)が埼玉県内に住所を有する者
    (2)埼玉県内の高等学校(中等教育学校及び特別支援学校の高等部を含む。)を卒業する見込みである者若又は卒業した者
    (3)埼玉県内の高等専門学校の第3学年の課程を修了する見込みである者又は修了した者
    (4)学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条第3号の規定により文部科学大臣が指定した埼玉県内の専修学校の高等課程を同号の文部科学大臣が定める日以後に修了する見込みである者又は修了した者
  2. 貸与の申請の時に県外の大学の医学を履修する課程に入学する意思を有する者
  3. 同種の奨学金の貸与を受けていない者
  4. 医師免許を得た後、埼玉県内の特定地域の公的医療機関又は特定診療科等に医師として勤務する意思を有する者
貸付額 入学金100万円以内
月額20万円以内において知事が定める額です。
貸付期間 大学卒業までの期間(上限6年)
返還猶予の条件 次の1~5のいずれかに該当する場合は、奨学金の返還が猶予されます。
※返還の猶予については、その申請に基づき決定されますので、全ての申請が認められる訳ではありません。
  1. 特定地域の公的医療機関に医師として勤務しているとき(特定地域の公的医療機関以外の埼玉県内の臨床研修病院で臨床研修を受講している場合を含む。)又は特定診療科等に医師として勤務しているとき。
  2. 埼玉県外の臨床研修病院で臨床研修を受講しているとき。
  3. 後期研修を受講しているとき(特定地域の公的医療機関又は特定診療科等に医師として勤務している場合を除く。)。
  4. 大学を卒業する日の属する年度に実施される医師国家試験に合格しなかった場合において、翌年度に実施される医師国家試験に合格し、医師免許を得ようとする意思を有するとき。
  5. 災害、疾病その他やむを得ない理由があると認められるとき。
返還免除の条件 次に該当する場合は、奨学金の返還が免除されます。
  1. 医師免許を得た後、直ちに貸与期間の1.5倍の期間、特定地域の公的医療機関に医師として引き続き勤務(特定地域の公的医療機関以外の埼玉県内の臨床研修病院で臨床研修を受講している場合を含む。)をしたとき又は特定診療科等に医師として勤務したとき。
  2. 医師免許を得た後、直ちに埼玉県外の臨床研修病院で臨床研修を受講して返還猶予(※)の決定を受け、当該猶予期間に引き続いて、貸与期間の1.5倍の期間、特定地域の公的医療機関に医師として勤務(特定地域の公的医療機関以外の埼玉県内の臨床研修病院で臨床研修を受講している場合を含む。)をしたとき又は特定診療科等に医師として勤務したとき。
    ※ 埼玉県外の臨床研修病院で臨床研修を受講し返還が猶予された後、引き続き後期研修の受講(特定地域の公的医療機関又は特定診療科等に医師として勤務している場合を除く。)をし、又は災害、疾病その他やむを得ない理由により返還が猶予された場合を含みます。
  3. 医師免許を得た後、特定地域の公的医療機関に医師として引き続き勤務(特定地域の公的医療機関以外の埼玉県内の臨床研修病院で臨床研修を受講している場合を含む。)をした後又は特定診療科等に医師として勤務した後、返還猶予(※)の決定を受け、当該返還猶予期間に引き続いて、再び特定地域の公的医療機関に医師として勤務(特定地域の公的医療機関以外の埼玉県内の臨床研修病院で臨床研修を受講している場合を含む。)をし、又は特定診療科等に医師として勤務した場合において、先の勤務期間と後の勤務期間を通算すると貸与期間の1.5倍となるとき。
  4. そのほか、次のいずれかに該当する場合は、返還債務の全部又は一部を免除することがあります。奨学金の貸与を受けた者が死亡したとき。災害、疾病その他やむを得ない理由により奨学金の返還ができなくなったとき。

◯地域枠医学生奨学金 貸与制度

貸与資格 埼玉医科大学医学部に設けられた地域枠に選抜された学生です。
貸与額 月額20万円以内で知事が定める額です。
貸付期間 大学卒業までの期間です。(上限6年)
返還免除の条件 次に該当する場合は、返還が免除されます。
県および埼玉医科大学が協議して指定する県内の医療機関において貸与期間の1.5倍の期間、勤務したとき。

埼玉県医師育成奨学金制度について詳しくお知りになりたい方は、県 医療整備課のホームページをご覧ください。

求職医師の方

求職情報の登録 求人情報の検索

医療機関の方

求人情報の登録 求職情報の検索

女性医師の方

埼玉県女性医師支援センター
埼玉県総合医局機構 地域医療教育センターについて